ロゴ

英語のスキルを活かせる貿易事務【求人の探し方】

事務員

貿易事務の業務内容

貿易事務は事務職の中でも、何らかの商品の輸出入に直接関わる商社・メーカー等において営業事務に当たる活動まで行う事務作業の事を指します。従って主に携わる業務としてはまず、輸送や通関の手配及び出荷や納品の管理を行う事が挙げられます。また信用状等の貿易書類の作成も行いますが、こちらは英文での作成が殆どの作業となります。更に電話やメールの応対といった一般事務の内容であっても、相手方が外国企業である事も多いので英語での会話が必要となり、前述の英文作成と併せて英語力が問われます。こうした職種の特殊性・専門性から、貿易事務はその職種を明示した上で募集が行われます。求人においては何らかの英語力の証明となる資格や点数を求めるケースが殆どで、更に通関士資格が応募要件となるようなケースも見られます。

物流

派遣会社に登録しよう

貿易事務はその専門性から経験も問われる職種ですが、一方で始めは誰もが未経験であるので企業側の養成力も問われる職種となります。ところがそうなると、一般的な求人での募集においてはマッチングが難しいケースが見られます。そこで特に、これから事務職に特化してキャリアを積んで行きたい・事務を経験して来たが貿易事務は未経験になるといった人向けの求人は、近年は派遣会社に委託する企業が多くなっています。ですので貿易事務の仕事を探す場合、派遣会社への登録は重要なポイントになります。現時点でのスキルの状況を派遣会社を通した客観的な目で査定出来るので、希望やスキルに応じたマッチングが行われ易いという利点があります。また経験豊富なスペシャリストを求めるような求人も幾らかは抱えているケースも多く、そういった対象の方でも高単価の待遇で重宝される傾向が見られます。